2009年06月28日

水陸両用

水陸両用って、なんか格好いい響きじゃないですか?
水陸両用戦闘機とか。

だからね、自宅にあるものをどうにか水陸両用にできないかと、そう思ったわけですよ。
んで、ケータイとかPCとかエレクトリックなあんちくしょうをいきなり水にこんにちわさせるのはさすがに申し訳ないと考えたわけ。

そこで白羽の矢が立ったのが、あまり使ってないメモ帳。
洗濯なんて名目で、楽しそうにぐるぐる回る水の妖精さんに、ヤツを託して子一時間。
妖精さんが一鳴きしたので、メモ帳が生存しているのか確認に行ったわけです。

メモ帳。
形状、変化なし、水陸両用。
メモ帳。
文字、読める、水陸両用。
メモ帳。
荒行に涙がにじんでるメモ帳。
でも、読める。
合格。水陸両用。

こうして、ついにヤツは水陸両用へと進化を遂げました。
水陸両用メモ帳、ここに誕生。

断じて。


ジーンズのポケットに入れっぱなしで洗濯機に放り込んだわけではないのです。
posted by masashi32000 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

太陽は罪なヤツ

昨日は全校遠足でした。
気温が30度にせまるなか、片道一時間の行程。

一年生なんかは、よくキレズにもったなと思っています。
まぁ、それ以上に。

「よく生還したよ、私」
ってな感じでした。

暑さのせいか、今週はずっと体調が悪くて水曜日あたりからふらふらしてまして、有給とっちゃおうかと思っていたのですが、既に6月分の有給書類が申請済みでして、また休むとなると再手続きという面倒な事態になっていました。

なので、だましだまし週末まで来たのですが・・・・



もうね、帰りとかね、午後二時なんて時間なんですよ。
Hot limit上等。
暑いというか熱い。
水飲む時間もなくて、汗がでてこなくなっていました。
ごめん、子供達。
先生、君達の指導する余力はなかったよ。


うちの学年でも、病欠で休暇とってないのは私だけだったし、エセ先生であったとしても、こういったお仕事は大変だなぁと痛感いたしました。
ホントね、担任とかよく生きてるなとw

いや、他のお仕事も大変なんだろうけどさ。

まぁ、とにかく。
お疲れ様、子供達。
お疲れ様、私。
posted by masashi32000 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

父上様、埼玉降臨

昨日、父上様が襲来しました。
「あまったパソコンあったら送って」
と伝えると、なぜか父上は自ら宅急便となって小旅行してきました。

前日「午後に行くよ」とメールがあり、12時半ごろからなんとなく家事をやっていた私。
突然開くドア。
懐かしい声で「連絡したよ」と聞こえる。
言われて、携帯を確認。

現在時刻13:05
着信時刻13:03 13:04

父上様、それでは連絡の意味が全くありません。
私が休日を利用してきゃっきゃうふふな状態にあることなど微塵も考えておられないのでしょう。

結局、洗濯物なんぞはあらいっぱなしのまま、父上様はズカズカと進入してきました。
いい加減、名古屋撃ちをかましてもいいんじゃないかと思う、今日この頃。

そして父上の第一声。
「汚ねぇな」

父上様、人の家に来るたび同じことを言うので、同じ反論を今回もさせていただきますが、シャイでぴゅあな一人暮らし男子として、それほどひどい状態ではないのですよ?

父上からPCを受け取ると、父上はこういいました。
「腹減った、飯食いに行こう」
私、パジャマなんですが・・・・・
しかたなくささっと着替えて「日本そばか冷やし中華がいい」とのたまう父上と食事へGO

「会社作っちゃったから、お金なくてさ」
とか道中のたまう父上。
その割にはこの間PCが新しくなっていた気がします。
社長、ホントに大丈夫ですか?

さてさて、昼食を終えると、父上はそそくさと帰っていきました。
帰り際、ひどく増えた白髪が印象的でした。

玄関が閉まると、部屋にはまた独り。
足元には、父上のPCがポツンと。
そこからは、小さいときから嫌いだった父上のタバコのにおいが、ぽつりぽつりとこぼれてきていました。
posted by masashi32000 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

苦節

あまりにうれしいので、馬主さんより先に書いちゃいます。

遂に、マリスグラッジの直系牡馬がG1を勝ちました。
現役時代は、ブーイングが出るほど強い馬でしたが、種馬としては泣かず飛ばず。
牝馬で1頭G1馬を出した以外はぱっとせず、血統も埋もれていきました。
しかし、引退間際に「これではいかん」と思いまして、どうにか直系を漁り、牡馬を生ませ、そのさらに孫でのG1制覇です。

私個人ではG1は二着までが最高で、その子供たちに夢を託すという形になっていましたが、牝馬だったり適正が大変なことになったりと結果が出ませんでした。

しかし、あぼのみこさんが、今回その鬱憤を晴らしてくれまして、感無量です。
ここ10シーズンほど「マリス直系牡馬でG1を」というのが目標の一つだったので、私以外の馬主さんだとしてもとりあえず目標を達成できました。
次は、私の生産、所有馬からG1ウイナーを輩出したいですね。

最後にあぼのみこさん、おめでとうございます。
そして、ありがとうございました。
posted by masashi32000 at 22:16| Comment(7) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

疑ってすいません

前日重だったから。

なんて理由で取捨を迷っていたウオッカ。
今日の条件戦で、勝ち馬が2頭ほど33半ばで上がってきているので、とりあえず信頼してみました。

んでも、時計はかかっていたので馬連一点5000円のところを、3000円にして、ちょこちょこ他の馬券かいまして・・・・・



いや、ホント、少しでも疑って申し訳ないほどの強さでしたね。
ま、4000円ほどプラスになったから良しとします。
三連複でウオッカ、ディープとカンパニーもってたから、こっちきてれば一ユキチほど、さらにプラスだったんですけどね。


最後に。
アンカツはどこをどうやって通って、直線あそこにいたんだろうかw

posted by masashi32000 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。