2008年03月16日

ケセラ重賞勝利 目黒記念

目黒記念優勝:ダーククレオパトラ号
馬主:競馬キング

暗雲晴らす、聖女の光

ハンデ差実に11キロ。3歳の若駒から、充実の4歳、円熟の5歳の老若男女が入り乱れ、さらにはどろどろの不良馬場で幕を開けた目黒記念。
同距離ということもあり、過去には有馬記念の好走馬が出走するケースも多かったが、今年は他のレース同様に予想すら難しい状況で中で各々虎視眈々と覇を争った。

絶世の美女の名に反して、汚濁を切り裂き、黒に染まりながらも道を示す。土砂降りの不法地帯のようなこのレースを一人の才媛が断ち切った。
デビューから徹底して2400-2500を使った英才教育が初夏の府中でついに実と成った。
泥まみれの女王が次に見るものは。

上半期リーディングで折り返し、そして重賞8つ。
あれだ。
敵は本能寺にアリ?
posted by masashi32000 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞勝利馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89774435

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。