2009年04月13日

俺、この一年が終わったら小さな店を開くんだ

さてさて、唐突ですが越してきた先には、すぐ近くに業務用のスーパーがありまして、先日、色とりどりの調味料とかキロ単位のパスタとかに囲まれてときめいてまいりました。
もうね、店内を10週以上ぐるぐるしながら、にやついてくる頬を緩めないようにするのに必死でしたよ。
さらに隣には魚市場、肉市場もあります。
生きたままのなまことかどんことかムール貝とか売ってるわけですよ。

日本男児として、ここで胸躍らせないでいつ躍らせろというのでしょうか。
料理熱が再び気炎を上げそうです。

業務用の中華麺とかも売ってるし、ガラとかダシなんかも豊富に手に入るんですよ、うふふふっふふふ。
夏休みとか一日中料理できるじゃないか、ふふへへへへへ。

さて、なんだか楽しくなってきましたが、トリップし切ってしまう前に、離脱したいと思います。
posted by masashi32000 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

生還

引越し無事に終わりまして、今さっきネット工事も終了いたしました。
無数のユキチが空へと還ってしまった以外は、特に大きな問題もなく小学生とハッスルしてます。
朝6時起きとか、キャラに合わない健康な生活に突入しているわけですが、折を見て日記はチョコチョコ更新していきたいと思います。

ネタはあるんだ、たくさん。


さて、せっかくのネット開通なのでもう少しネットサーフィンを楽しんできます、あでゅー。
posted by masashi32000 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

ひこしー

さて、これから引越しです。
さらばトウキョー
こんにちはサイタマ

そんなわけで、しばしネットが使えなくなります。
携帯で日記を書くのは億劫なので、更新が滞るかと思いますが、生きてます、たぶん。

ではでは。
posted by masashi32000 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ET誕生偽話

絶賛お引越し作業中。
棚の後ろとかひっくり返してます。
するとまぁ、うちも多分に漏れず冬眠していた方々が顔を覗かせてくれるのですよ。
2005年に賞味期限の切れたシチューのルーとか。
買ったはいいけど、やっぱり使い切らなかった中華味噌1キロとか。

そのままビンごともえないゴミには捨てられないので、シンクに捨てているわけですが・・・・・

テンメンジャン(中華味噌)1キロにタイム粉末(ハーブ)ハチミツゆず茶、トウチジャン(中華味噌)に水を混ぜ混ぜ。
我が家のシンク、すごいことになってます。
もうね
「ここからETが生まれたんだよ」
って言われたら頷いてしまいそうな位。
臭いとか怪しさとか理科の実験とか目じゃないよね、実際。


さて、油断すると
「あっ、このマンガここにあったのかぁ」とか
「アルバムも保管してあったっけ・・・あー、あったあった・・・」とかいう事態にも陥りかねませんので、そろそろ作業に戻りたいと思います。

放っておくとETでてきそうだしね☆
posted by masashi32000 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

空気の読めるウィルス

「四月までに健康診断受けといて」
と言われまして。
「まだ全然ゆーよあるじゃん、よゆーよゆー」
とか調子乗りつつ無視すること数日。

そろそろ受けないとまずいなーなんて日になってきたわけですが、ここにきて風邪気味です。
よりにもよって、健康診断を受けようかって時に遊びに来た風邪ウィルス。
しかも、ものすごいささやかな抵抗しかしないため、受診していいのかもう少しだけ待ったほうがいいのか、判断に苦しむところです。

ちょっとだけ喉がイガイガします。
平熱低めの私、体温は36.5℃でした。
朝、ティッシュ一枚分だけ鼻水が出ます。

他のことならば、無視しても全く支障のないホンの僅かな変化なんですが、健康診断初体験な私は結構ビビッテます。

いや、風邪とかたぶんあんま関係ないんだろうけどw

とはいえ、おうちでヤンガスと戯れているのもそろそろ終わりにしないとのっぴきならない事態に陥りそうです。

「わーい風邪気味だから一日寝ていられる♪」
とか、そんなことは決して思っていないため、明日にでも仕方なく受診してこようかと思います。

うん、またネタは無し。
最近、地が出てまじめな分ばかりですね、うん。
posted by masashi32000 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ドラク○勇者研究レポート 魔王編

1.ちょっと強くなってしまったため、人々から恐れられ、命を狙われるようになってしまった人物。物語中、一番の不幸者でもある。

2.また、どう考えてもいうことをきかない部下達に囲まれた人物でもある。たぶん、毎日のように胃薬を飲んでいるはずだ。

3.変身は必須らしい。火を吐く、呪文を使う、変身する。魔王昇格試験には、これらの項目で高得点を収める必要があるものと推察される。

4.やってきた勇者達を一度追い払ったとしても、絶対に修復不可能なまでには叩きのめさない心優しい人物。二度目にやってきた勇者達には「今度こそ二度と復活できんように」とかなんとかのたまうが、勇者達が二度でも三度でも蘇れるように相当手加減している。
動けなくなった勇者達を、わざわざ教会まで送り届けているのも、恐らく彼であろう。

5.また、あくまで予想の粋を出ないが、魔物達の持っているお金及びアイテムは、彼から支給されているものだと考えられる。能力の高いものがより高給であること、能力が同じものは一律所持金であることからも裏付けられよう。

6.上を踏まえて、魔王とされる人物は莫大な富を得ていることがほぼ確実である。「行け、勇者よ」とか無責任なことをほざきつつ、銅の剣と100Gしかくれないどこぞの王様とは大違いである。宿屋の代金などから考えて、彼にとって国の一つや二つは丸ごと買い取ることなど造作も無いことであろう。武力ではなく、財力での世界制圧をオススメする。
posted by masashi32000 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

お金は大事だよー

あ、今月仕事一度も行ってない。
そんなグダグダな如月も終わりです。

話が飛びますが、今月は出費がひどいのですよ。
主な原因はJRAとJR
絶対グルだ、名前にてるし。
預金してもちっとも戻って来ないJRA
本命にした途端発走除外ってどういうことだ。

そして一日で3漱石を当たり前のように飲み込むJR
一日でそんななのに、何回も何回も大宮や上尾といったあたりまで行くと、そりゃもうえらいことになるわけです。

塵も積もれば山になる。
んじゃ、一人暮らしのぷーたろーにとって決して塵ではない3漱石という額が積もったらどうなるか・・・・ご想像にお任せします。
ふふふ、今月は生活費と交通費がどっこいだったりするのダゼ。

加えて、二月も終わろうかという善き日に、ちらほら白いものまで舞い降りてきやがりましてですね、そりゃコタツもストーブもつけざるを得ないわけですよ。
先月は1ユキチを軽々粉砕した光熱費、今月の請求を見るのが怖いです。

さて。
ミクシィの
「アンタしばらく日記かいてないんじゃないの?」
なんて催促にケツを蹴っ飛ばされたので、半分寝ている頭でツラツラと半寝言を綴ってみたわけです。
うん、ひどいね、脈絡とか意味とかなんもないね、この日記。

ここまで読んでくれた人、もしいたらごめんなさい。
さて、寝ます、あでゅー。
posted by masashi32000 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

東京追放

えーと、引越しがほぼ確定となりました。
っても、どこに住むかは未定。恐らく埼玉。

いなくなったら探さないであげてください。
エサを与えないでください。

とりあえず今の家を出ることしか決まってないので、こんな日記になってますが、決まり次第ここで公表しようかと思います。
posted by masashi32000 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

いとしさと切なさとやるせなさと

本日も埼玉某市で面接を受けてきたわけですが、面接直前待合室でのひとこま。
30分以上早くついたので、ぼーっと外を眺めていた私。
そこに受付とか案内をしてくれたおじさんがやってきて、話しかけてくれた。

「これも面接に関係あるのかなー」とか考えつつ、無難に受け答え。
したらおじさん、こう言った。

「あまり緊張してなさそうですね」


してるっちゅーねん。
めっちゃしてるちゅーねん。
前日からご飯あんま食べられてないっちゅーねん。

友人達からも
「なに考えてるかわからない」
「読めない」
「呪われてるね♪」
などなど、賞賛の嵐を浴びる私。

こんなにピュアで繊細なのに。
半分は優しさで出来ているのに。
残りの半分はやるせなさで出来ているのに。

来年度、子供達とハッスルできないようならばそのポーカーフェイスップリを生かしてギャンブラーにでもなろうかと思います。
競馬とか競馬とか競馬とか。
posted by masashi32000 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

勇者研究レポート

1.主たる仕事は他人の家に無断で押し入り、つぼ、たんす、たるなどを荒らす、或いは破壊し、金品及び財宝を強奪すること。

2.付随して、平和な生活を営んでいる生物を「魔物」と断定し、「おどろきとまどっている」状態にも関わらず、虐殺することも生業としている。

3.また、気に入らない相手は「魔王」と認定し、虐殺を正当化する傾向がある。魔王側としてみれば、居城に徒党を組んで侵入され、挙句命を狙われるとなれば、応戦して然るべしであろう。
また、このとき勇者側は多くの場合戦闘者3,4名、控えメンバーが更に4,5名いるのにも係らず、魔王はあれだけ大量にいる部下はあくまで足止めにしか使わず、己の身一つで正々堂々戦いを挑んでくる。

4.なお、彼ら勇者が「魔物」としているものの多くは、決して町を襲ったりはしていない。あくまで街の外、魔物の生活圏内を侵されたために、やむなく威嚇、攻撃を仕掛けているだけである。

5.また、スライム3匹に苦戦したとしても、彼らは最初から「勇者」と認められ、多大なる期待と賞賛が与えられる。
それが例え、どう考えてもお城の一兵士の力量を下回っていたとしてもだ。

6.その賞賛と畏敬は、所詮、魔王を倒すまでである。
「勇者」とは、人々によいしょされてなんとなく魔王を打ち倒してしまった途端に用済みとなり、ニートとして活動せざると得ないものへの蔑称である。
多くの場合はその後の行方すら定かではない。
なお、王族である場合は例外とする。
posted by masashi32000 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

これはない。

お茶といえば伊藤園。
おーい○茶をはじめとして、数多の茶製品を世に送り出してきた大御所です。
この度、その伊藤園が新たに開発したお茶、梅番茶なるものを購入いたしました。
そして一口。






ない。
これはない。
posted by masashi32000 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

謄本清掃 うおぉおおっ! さおぉぉっ!

期待通りの変換をしてくれたワードに感謝。

ま、それはそれとして。
ここ10日ほど、埼玉を飛び回っております。
もう、大宮なんて何回通ったことか。
それで、だ。
埼玉が遠いのは百も承知、時間くらいはいくらでもかけよう。
では、何が辛いかというと、そう、交通費なのですよ。
JRとかね、もうボッタクリじゃないかとw

片道で軽く千円を越えるので、往復すると2,3千円が飛んでいく日々。
合わせれば、確実に一ユキチは故人となっています。
ビンボープータローには痛い出費です。
加えて速達の書類だとか、切手だとか、官製はがきだとか、免許更新だとか、JRA銀行預金だとかがこまごまありまして、今年もユキチとは仲良くなれそうにありません。

「東京都で男が死亡、餓死か」とか記事が出たら、察してやってください。
さてさて、今月中はひとまず休憩ですが、二月になってから、また埼玉へ乗り込むつもりです。
方向感覚ゼロ、というか空間認識のできない私が、如何に未知の土地を右往左往するのか。
乞うご期待ください。
posted by masashi32000 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

忍者将司列伝

久々ゲームのお話。皆さん天誅ってご存知でしょうか? 
私、ちょいと縁がありまして、この度プレイしてみたのです。

「ステルスゲームの一種とされる。一貫して、敵から身を隠し一撃で葬り去るという忍者の任務を主眼としたゲームシステム」

と、ウィキには書いてありまして、要は見つからないように360度マップを動いて、背後から敵をばっさり殺る、或いは見つからないように任務を遂行するゲームです。
和風メタルギアですね。

んで、やってみたわけだ。


1.忍者将司、任務に出かける際のしばらく道具選びに迷う。
2.忍者将司、地図の見方がわからず、適当に走りだす。
3.忍者将司、敵を発見。正面から近づき、正々堂々真剣勝負
格闘ゲームで身につけたスキルを使い、ガードからの浮かしコンボを決める。(そういうゲームではありません)
4.忍者将司、敵を倒して辺りを見ると、もう迷子。
5.忍者将司、仕方無しに地図を見るが、やっぱりわからないのでまた適当に走り出す。
6.忍者将司、だんだん3D酔いし始め、腹いせに手当たり次第敵を切りつける(勿論、真っ向から真剣勝負)
7.忍者将司、マスコットかと思って近づいた敵の犬にかまれる。
8.忍者将司、最初のステージで20分迷った挙句に、ようやく第一フロアの門を発見。門番二人に正々堂々走って近づき、正面で刀を抜く。
9.忍者将司、門番二人を相手にしてる最中、後ろから敵の増援に切られ死亡。

メタルギアでも初プレイは相手に素手で殴りかかって撃たれた私。
ことゲームに於いて、だまし討ちなんて真似は出来ないのです。
相手がニンジャだろうが、ゾンビだろうが正面から殴るのみ。


つかね、私方向音痴なので、プレイヤーキャラの視点が変わると(つまり後ろ向いたりすると)もうどの方向に向かってるかわかんなくなってしまうわけで、技とか使って方向変わると、ニンジャさんは盲目よろしく敵に背後を向けて「てりゃあああぁあ」とか「そこだっ」とかいいながら剣を振り回す始末。

君は任務とかいいから、精神安定剤飲んだほうがいいと思うんだ僕は。

ま、そんなわけで結論としては
「私にステルスゲームは向いてない」
ということになりました。

忍者将司はステルスゲームではなく、正々堂々一対一で戦える格闘ゲームか、RPGあたりへ出演することにします。
posted by masashi32000 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

どうしよう、割りと素だ

みんな書いてるけれど、これで2008年も終わりです。
個人的には去年もロクなもんじゃなかったけれど、今年は輪をかけてひどかった一年だったなと、しみじみ思います。
精神的にも身体的にも経済的にも。

唯一よかったのは、ボランティアで子供達と会えたことかな。
彼らより、私が救ってもらってる気がしないでもない。

まぁ、でも2008の目標「生きる」はどうにかこうにか達成できました。
いやぁ、途中危なかったけどね、残金1000円以下とか、一ヶ月体調不良とかw
そんな状況からひきこもりの加速した下半期、逆に外に出ることの大切さなんてものを痛感させられました。
月並みですが、やっぱり自分が動かないと何も動いてはいかないものですね。

2009年は「生きる」改め「活きる」ってことで、厄年を乗り切りたいと思います。
いやさ、今年よりひどくなるってことは、そうそうないと思うんだ実際。

まぁ、そんなわけで。
近いうちにこの空白の二年間を、笑って振り返ることが出来るように。
そろそろ自分くらいは、自分を応援してやろうと思います。

では、また来年、皆様良いお年を。
posted by masashi32000 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

鎮魂歌を君に

引っ越してきて、そろそろ丸五年。
就寝をともにしてきた相棒とも、ついにお別れのときがやってきてしまいました。
本日、天に召されたのは愛用の折りたたみベッド。
もともと実家でも使われていた年季の入ったものだったので、悲しいことですが寿命ということなのでしょう。

今朝方、いつものように彼をたたんだ折、冷たい音とともにコロンと彼の頭部から折れたネジが転がり落ちました。
支えを失った彼は、そのまま大きくバランスを崩し、やがて物言わぬようになりました。


さよならジョージ。
いままでありがとう、ジョージ。




いつぞやのPS(マイケル)と同じような状況ですが、実はこの話まだ続きがあります。
どうしてもジョージの暖かい感触が忘れられない私は、一縷の望みを託しあるお店の門を叩いたのです。

ホームセンター。
これまで全く利用しなかったソイツからネジを拝借し、危篤状態に陥ったジョージの手術に向かいました。

幼少より図工の時間は「設計図を見ながら作っているのに完成しない」少年として名を馳せていた私。
しかし、その汚名も今日で返上です。

愛するジョージのために、私は自ら正しいネジを買ってきて、自力でそれをはめ込み、自分の右手で締めるというミッションを成功させました。

おかえりジョージ。
これからもよろしくねジョージ。
posted by masashi32000 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

かんたろー

昨日は今年最後のボランティア。
・・・・とウキウキしてたんですが、暗転。
ぶっ倒れました。

朝起きて、どうも左目が視えない(つか、焦点が全く合わない)なと、思っていたんですが、無視して出かけたら電車の中で気分が悪くなりまして、引き返してきました。

んー貧血でしょうかねぇ。
ま、それでも「はぁはぁ」とか言いつつ帰宅できたので、昨日、今日とお休みしておりました。
あんまり暇だったから、PCで某ゲームを作動させてしまったぜ、うへへへ。

コホン。
本題、本題いこう。

ま、そんな週末でしたが今になって外に出ても大丈夫かなと、言った塩梅になったのでお買い物に行ってきました。
家にいると今度は心が滅入るのですよ。

外にはごうごうと窓を叩く寒波。
先日のバイトで、冬の寒さを思い知らされた私は、当たり前のようにダッフルコートを羽織って出かけました。

しかし、玄関を開けてびっくり。
意外なことに、いつも冷たく厳しい北風君は、どういった風の吹き回しか、柔らかくそして暖かく私を包んでくれたのでした。

いつもいつも辛く当たってくる彼の小さな心遣い。
散々な週末だったからこそ、こんな些細なことで嬉しくなってしまったのでした。

<<前の日記へ masashiの日記一覧へ
posted by masashi32000 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

信ぜよ、されば救われん

まず始めに。
私はお買い物が大好きですが、「買う」ことが好きなのではなく商品を「見る」ことが好きなのデスヨ。
それを留意の上で、本文へ。

さて、手もかじかむ午後九時、私はジャスコに「散歩」に向かいました。
買い物ではないのです。
あくまで「散歩」です。
商品を買うのではなく、愛でるためだけに赴いたわけです。

徒歩数分の後、目的地に着いて、早速ウキウキと陳列された商品を「見る」私。
挙動不審にも早足で駆けずり回り、うどんや卵をひたすらに「見る」

買いませんよ?
散歩ですから。

怪しまれないようにと、散歩にもかかわらず商品を買い物籠に入れる周到さ。
重ね重ねですが、買うつもりなんて本当に初めからなかったんですよ。
散歩ですから。
馬鹿みたいに寒いこの時間ですが、見にきただけですから。

ええ、散歩ですからね。
入店して数分後には満足して、手ぶらで出て行きました。
買い物ではなく、散歩でしたからね。

決して。
間違っても。
断じて。
財布を忘れたとか言うわけじゃございません。

散歩です、散歩。
いいですか? 
ただの散歩だったんですよ?
posted by masashi32000 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

思い立ったが仏滅

妖精さんに話しかけるのも飽きてきた今日この頃。
ふと、思いついた。

「あ、また何か飼おうかな」

幼き頃より常に動物といた私。
一人暮らしで家計が火達磨でも、ハムを飼っていたりしました。

話し相手の彼女が天に召されて幾星霜。
マシンガントークも弾が余りに余っています。

しかし、同期のお友達さんたちは世間の荒波に揉まれているわけで。
私なんぞよりたくさんの、いとしさとせつなさとやるせなさを噛み締めている最中なわけで。

そんな折、ダメ人間街道驀進中のお兄さん(23)が

「暇だったから電話しちゃった、てへ♪」

とか、受話器に囁いたりした日にゃ、それはもう、それはもう。
「働け」とか
「働け」とか
「働け」とか
家庭内害虫を蔑むような声色で言われてしまって然るべきなわけです。


てな、わけで。
落ち着いたらの話にはなりますが。
東京は大田区、田園調布の一角。
夜な夜な、小動物に楽しげに話しかけるお兄さんが復活するのではないかと思われます。
posted by masashi32000 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

最後で台無し

ネタが続いたので、今回は多少なりともまとも・・・んにゃ、日記っぽいお話。


以前、鼻歌でトリップしていたときに
「ねね、これって録音できるよね」
なんて妖精さんのささやきを耳にしてから、ボイスレコーダーなるものに興味を持ち始めました。

んで、ネットで調べ、且つ○ジマ電気に視察にもいったのですが、これが高い高い。

私の欲しいものは安くても一ユキチからという代物で、買うとなれば貧乏プータロウには痛い出費なのです。

「働けや?」

なんてツッコミは無視。
ちゃんとバイトは復帰したやい。

さて、その渇望しているボイスレコーダー。
なんでそんなにお高いものなのかといいますと、市販のものの多くは会議や講義を録音するもので「音楽」というレベルの音質を録るわけではないのです。故に安価。
が、カラオケでトリップした自分の声を録りたい私としては、これではよろしくない。故にユキチが、カッパーフィールドよろしく一瞬で消されてしまうわけです。

安いものだと、たぶん音が割れるので妥協するわけにもいかず。

んー、趣味のため、それも興味本位でしかいない録音という作業にここまでの贅沢は・・・・








よし、JRA銀行に全財産預けることにするよ。
posted by masashi32000 at 19:22| Comment(3) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

絶望の鍋焼きうどん

昨日、お父様が「冬用の布団を置きに行く」とのことで、来訪されました。
好きにやればいいと枕詞にしつつも、さっさと就職して安定してほしいという本音がダダ漏れのお父様に、心をずきずきと痛めながらもどうにか布団をゲット。
そそくさと帰っていったお父様。
灰色の空間(自宅)にまた独り、残された私。

そんな私は、お土産と称しおいていった食べ物の数々を物色しておりました。
そんな中から出てきた鍋焼きうどん。
火刑上等の熱いヤツ。

台所を一瞥。
そこには電気コンロが一台。
火なんて出やしない。

調理代を一瞥。
そこにはホットプレート一台。
やっぱり火なんて出やしない。

火が車になってるのは我が家の家計くらいなもの。
残念ながら私の家では火の手は上がらない様子。

ご近所さんを火達磨にしようか。
いや、今日は寒くて外に出たくないので止めておこう。

大きな絶望と葛藤の末に、残された鍋焼きうどん。
身をジリジリと焼かれることがなくなり、さぞ嬉しかったことでしょう。
しかし、そこは絶賛やさぐれ中の私。
鍋焼き様の楽しそうな様子に我慢がなりません。
で、突発的にかまゆでの刑に処し、おいしくいただきました。

焼いて食べられないなら、煮て食べればいいじゃない。

めでたしめでたし。
いろんなところから火が出なくてよかった。
めでたしめでたし。
posted by masashi32000 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセラ的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。